“テキサス刑事”勝野洋 ニッポン放送『テレフォン人生相談』で 人生初のラジオパーソナリティに挑戦!

『オールナイトニッポン』がスタートする2年前の1965年2月にスタートし、今年で番組スタートから47年を数える、ニッポン放送のお昼の看板番組『テレフォン人生相談』(平日午前11時~午前11時20分)。この『テレフォン人生相談』の新パーソナリティに、テレビドラマ『太陽にほえろ!』の“テキサス刑事”として人気を博した俳優・勝野洋が加わる。勝野洋は、今年芸能活動37周年を迎えるが、これが人生初のラジオパーソナリティ挑戦。4月24日(火)の放送から登場する。

評論家の山谷親平さん、漫画家・加藤芳郎さん、詩人・荒川洋治さん、エッセイスト・タレントの安藤和津さん、俳優・児玉清さん、脚本家・市川森一さんら錚々たるメンバーが歴代パーソナリティを担当し、現在は作家・加藤諦三さんと登山家・今井通子さんの2人がパーソナリティを務める『テレフォン人生相談』。 今回、番組の心強いパーソナリティに、“テキサス刑事”として一世を風靡した俳優・勝野洋が新たに加わる。

ニッポン放送で平日午前11時から放送中の『テレフォン人生相談』は、番組に寄せられる悩みが各時代の社会の世相を反映していることから「時代の鏡」とも言われている。番組内容は、相談者が電話をかけてきて、パーソナリティと回答者(それぞれ日ごとに異なる)がこれに答える形を取っている。相談内容は、金銭・相続等の法律問題から健康・育児・介護、生き方に関する悩みまで多岐にわたる。

 

 

今回の起用にあたり、長きに渡り実力派俳優として第一線で活躍してきた一方で、タレント・キャシー中島との結婚後、よき夫として、そしてよき父親としてもつ勝野の様々な人生経験とやさしい人柄が『テレフォン人生相談』のパーソナリティに適任ということからニッポン放送がオファーをしたところ、人生初となるラジオパーソナリティを快諾した。勝野洋がパーソナリティを務める『テレフォン人生相談』は4月24日(火)に初回が放送される。(以降他2人のパーソナリティとローテーションで登場)

 

【本人コメント】

「(今回新パーソナリティの)お話を頂き、私に何ができるのか悩みましたが、少しでも多くの方々に、前向きに生きて頂くお手伝いができたら嬉しいです。」

 

【プロフィール】

勝野洋(かつのひろし) 1949727日熊本県生まれ。62歳。1974年テレビドラマ『太陽にほえろ!のテスト出演を経て、松田優作演じる“ジーパン刑事”の後任となる“テキサス刑事”役に抜擢され、一躍人気者に。その後数々のドラマ、映画、舞台、CMで活躍中。来春公開が予定されている石原慎太郎都知事が製作総指揮・原作・脚本を手掛ける映画「青木ヶ原」への出演が先日発表された。趣味・特技は乗馬・スキー・サーフィン・そば打ち。

 

【番組概要】

番組名『テレフォン人生相談』(平日 午前11時~午前11時20分)

パーソナリティ加藤諦三、今井通子、勝野洋

放送局ニッポン放送をキーステーションに全国17局ネット

(ニッポン放送/北海道放送、青森放送、IBC岩手放送、秋田放送、山形放送、信越放送、北陸放送、中部日本放送、大阪放送、和歌山放送、山口放送、西日本放送、九州朝日放送、宮崎放送、南日本放送、ラジオ沖縄)

Asiaent_Lifeをフォローしましょう

<人気記事>