4/14公開「映画 名探偵コナン 11人目のストライカー」

C2012 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

【イントロダクション】

1997
年より毎年公開され、ゴールデンウィ―ク映画として親しまれている劇場版「名探偵コナン」シリーズ。シリーズ15作目となる劇場版『名探偵コナン沈黙の15(クォーター)』で、3年連続で興行収入30億円を突破。シリーズ累計で興行収入400億円を突破しています。
そのシリーズ最新作 劇場版『名探偵コナン 11人目のストライカー』が414()に公開となります。今作はシリーズ史上初“サッカー”が題材。サッカースタジアムを舞台に巻き起こる事件に、名探偵コナンが謎の解明に挑みます。
さらに今作は、今年20シーズン目を迎えるJリーグとタッグを組むことが決定。コラボ企画第1弾として、SAMURAIBLUE(日本代表)でも活躍する遠藤(えんどう)(やす)(ひと)選手(ガンバ大阪所属)、今野(こんの)(やす)(ゆき)選手(ガンバ大阪所属)、中村(なかむら)(けん)()選手(川崎フロンターレ所属)と、2010Jリーグ最優秀選手賞受賞の楢崎正剛選手(名古屋グランパス所属)が本人役としてアニメーションに出演、さらに声優に初挑戦することが決定しました。

【ストーリー】

毛利探偵事務所に突然かかってきた脅迫電話!小五郎の目の前で路上の自動車が爆発する!!
「青い少年と青いシマウマ、上からの雨…」
謎の暗号を解読すれば、次の爆破は止められる。犯人からの挑戦に応え小五郎と蘭は、米花市内を駆け廻るが、一向に手掛かりは見つからない…。一方、その時、江戸川コナンは、灰原や少年探偵団たちとともに大好きなサッカー観戦を楽しんでいた。ライバルのガンバ大阪を相手に大活躍の東京スピリッツ。試合も佳境に入ったその時かかってきた蘭からの電話でコナンは脅迫電話のことを知る。独りその場でコナンは暗号解読に乗り出すが、誰にも止めることが出来ない恐るべき真実を知る!
今、「その時」が着々と迫る…。果たして、事件を解決するのは誰なのか!?

 

【スタッフ】
原作:青山剛昌(小学館・少年サンデー連載中/読売テレビ・日本テレビ系放送中)
総監督:山本泰一郎
監督:静野孔文
脚本:古内一成
音楽:大野克夫
声優:高山みなみ(江戸川コナン)
    山崎和佳奈(毛利 蘭)
    小山力也(毛利小五郎)

C2012 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

2012年4月14日(土)全国東宝系ロードショー

Asiaent_Lifeをフォローしましょう

<人気記事>