「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」 4月14日公開

C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2012

 

【イントロダクション】
映画クレヨンしんちゃん 20周年記念作品!

ほっほーい!
オラの映画もとうとう20作目!
5歳のままで20年・・・思えば遠くにきましたな~。

今度の映画はオラたち家族がついに宇宙へ!
そして、ひまわりがお姫さまに!?
なんだかとってもめでたいゾ~。
だけど・・・え?ひまにもう会えない?
家族の時間は終わりってどういうこと??

なんだかんだで20周年だゾ!今年の「映画クレヨンしんちゃん」は、アニバーサリーイヤーに相応しく、シリーズ初の宇宙が舞台!伝説を作り続け、嵐を呼び続けたスーパー5才児しんちゃんの勢いは地球だけでは留まらず、今回は宇宙もオマタにかけて大騒動を繰り広げます。20周年記念作品としてさらにパワーアップした内容で、子供から大人まで、おじいちゃんおばあちゃんまで、世代を超えて楽しめる一大エンターテインメントが、この春誕生します!かつてしんのすけだったキミも、かつてひまわりだったアナタも、みさえよりも怖いお母さんも、ヒロシより足がクサイお父さんも、この歴史的作品を、ご家族揃って、久しぶりのお友達と、あなたの大好きな人と、是非お楽しみください!!

 

【ストーリー】

おバカ、ときどき、兄。「オラ、妹なんかいらない!ひまわりなんかいらないゾ!ある日、プリンのことで喧嘩したしんのすけとひまわり。そこに「ひまわり姫をお預かりします」と謎の男2人が現れた。
ほいほい喜んで渡された紙にサインをしてしまうしんのすけ。つぎの瞬間―-上空に現れたUFOに、野原一家は吸い込まれてしまった。到着したのは『ヒマワリ星』という見知らぬ星だった。星の王ゴロネスキーが叫ぶ。「ひまわり様が姫にならなければ、地球もヒマワリ星も消滅~~~~~!!」
急激な展開に呆然とするひろしとみさえだが、しんのすけがサインしたのは全て了解するという「宇宙契約書」だった。しかし、姫になるということは家族が離ればなれになるということ・・・。
「自分で決めるがよい。妹を選ぶのか…、地球の未来を選ぶのか…?」果たしてしんのすけの選択は!?

 CAST/STAFF
(声の出演)
しんのすけ:矢島晶子
みさえ:ならはしみき
ひろし:藤原啓治
ひまわり:こおろぎさとみ

原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列放送中
監督:増井壮一 
脚本:こぐれ京 
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADK・双葉社  
C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2012

2012年4月14日(土)全国東宝系ロードショー

Asiaent_Lifeをフォローしましょう

<人気記事>