ダイワハウスspecial地球ゴージャス プロデュース公演Vol.12『怪盗セブン』

岸谷五朗・寺脇康文が主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」。2012年3月8日(木)赤坂ACTシアターをはじめとする全国5箇所で、12万人を動員する最大規模の『怪盗セブン』公演を翌日にひかえ、公開舞台稽古が行われました。

これまで数々のゲストと様々なコラボレーションを実現させてきた地球ゴージャスが今回新たに迎えるのは、いわずと知れたミュージカル界の大スター大地真央。これまで数々の名舞台で主演をつとめてきた彼女と、歌と踊りと笑いに満ちたオリジナルのエンターテイメントを追求してきた地球ゴージャスの異色のタッグが実現!

また、2009年に「星の大地に降る涙」で衝撃的な初舞台を踏んだ三浦春馬が再び地球ゴージャスに帰ってくる。また、2010年「Xday」に出演した森公美子も再びゴージャスに参戦。そして、EXILE Vocal Battle Auditionのファイナリストとして注目を集めた後、日・中・韓で同時デビューを果たした施鐘泰(JONTE)と、その緩急自在の演技で確かな存在感を誇る小野武彦の出演も見ものだ。

なお、公演中には、東日本大震災からちょうど一年後となる3月11日の公演の収益の一部を、東日本大震災における復興支援活動等の資金として、日本赤十字社及び地方公共団体に対して寄付することとなりました。この時代だからこそ、夢や希望を届けたい、そんな想いがつまった地球ゴージャス最新公演。

<『怪盗セブン』あらすじ>

かつて7つの海を盗み出した7人の大怪盗がいたと言う。その名を“怪盗セブン”。彼らに盗めぬものはなく、彼らに触れた人はいない。7人の存在は、神秘に輝く生きた伝説となっていた。しかし、居所を誰も知らないはずの彼らのもとに届いた一通のInvitationにより、伝説は新たな鼓動を始めることになる。

差出人はフィクサー・ジョーと呼ばれる謎の男。初めて一堂に会した怪盗セブンに、フィクサー・ジョーが発するとんでもない依頼とは。そして、7人それぞれの思惑が絡み合い、事態は思いもよらない方向へ・・・過去最大規模の贈る本作笑って笑って元気になれる、地球ゴージャス流・大冒険活劇!!

<囲み取材>

Q:意気込みは?

 

大地:初めて参加させていただいて、とてもゴージャスな舞台に仕上がっています。わくわく感を最後までキープしていい舞台にしたいと思います。

 

三浦:今回、二度目の舞台で気合が入っています。未だ見たことのない三浦春馬を見せることができると思っています。一生懸命に頑張りたいと思います。

 

寺脇:今回は、遊園地のような舞台になればいいなと思っています。我々の役割としては、楽しい芝居を作ることだと思います。一日力いっぱい遊んで、また明日から頑張ろうと思って貰える場所だと思うので、そんなことが僕らにもできるかなと気持ちです。みなさん、劇場に観にきて下さい。

 

JONTE:初めての参加になるのですが、迷惑にならないように、怪我なく一生懸命頑張りたいと思います。

 

小野:自分が出ていないところ(シーン)をお客になって楽しんで観ちゃうほど楽しい芝居です。この7人以外の若い人達のパワーも応援して観てください。

 

:本当に凄いセットで、ビックリしました。この劇場に入って「なんだこりゃー」とそれを見ただけで遊園地そのものです。その中のぬいぐるみの一人なのですけれど。(一同爆笑。)足でまといにならないように頑張りたいと思います。

Q:今回、大地さんが共演ですが?

 

岸谷:見てのとおりニヤニヤしていますよ。毎日稽古場で切磋琢磨していますので、大地さんの持っている華など、みんながいい勉強とさせてもらっています。

 

大地:いい刺激をみんなからいただいて、出演者の方々、一人一人が凄いハイレベルなので、良い相乗効果が生まれて、参加させていただいて嬉しく思っています。

Q:衣装が目を引くのですが、衣装のポイントは?

 

岸谷:何度か衣装替えがあるのですけれど、今回は一つのルールにとらわれない芝居を作ったので、そこに現れる怪盗、血がどこなのかというよりも、人間たちが何を起こすかという芝居なので、みんながそれぞれ衣装もエンターテイメントです。

Q:三浦さんも新しい自分を見せてくれるのですね?

 

三浦:こんなに動けるんだぞというところ。そして、僕の役どころもとてもぶっ飛んでいる役です。そこを楽しみに劇場に足を運んでください。

 

寺脇:春は前回よりも今回はまわりもよく見ているし、もう前回のように教えることもなく。

 

大地:ダンスが凄いです。こんなに踊れる人なのというくらい凄いです。歌もすごい。(三浦を絶賛する大地。)

 

三浦:責任を感じています。みんなに支えられています。

Q:何故一人だけ衣装が違うのですか?大地さんと寺脇さんが、同じ芝居に出る人とは思えない衣装ですね?

 

寺脇:これを裏返しにすると凄いことになっているんですよ。(裏地を見せるが地味な裏地のままで全員爆笑。)裏地の胸のところに“岩尾”と書いてあるのですが、衣装さんのお知り合いの方の名前です。そのへんにあるものを持ってきたような。

 

岸谷:予算をそのへんで合わせています。(笑)

Q: JONTEさんの役どころは?

 

岸谷:繊細な役どころで、今は言えないのですが。歌が素晴らしいので、EXILEみなさんも楽しみにしているようです。(JONTEに代わり、コメントする岸谷。)

Q:東日本大震災が、もうすぐ一年経ちますが?

 

岸谷3月11日の公演の収益金の一部を寄付したいと思います。元気になって欲しいですね。自分たちは家を建てることも、仮設住宅を作ることも、料理をつくることもできません。僕たちにできることは、心に元気を与えるために何とか頑張れができるかもと思って作った芝居です。是非、劇場に来てくださいね。

【作・演出】岸谷五朗

 

【出演】大地真央 三浦春馬 森公美子 施鐘泰(JOUNE) 小野武彦

/岸谷五朗・寺脇康文 他

【スタッフ】

 

演出補:寺脇康文

美術:土屋茂昭

音響:今村太志

照明:川谷祐之

電飾:小田桐秀一

映像:ムーチョ村松

音楽監督:大崎聖二

衣裳:牧野iwao純子

ヘアメイク:宮内宏明

歌唱指導:福井小百合

演出助手:小野真一

舞台監督:藤井伸彦

宣伝美術:中野淳仁

宣伝写真:角田修一

宣伝衣裳:鷲頭マコト

宣伝ヘアメイク:冨沢ノボル

宣伝:株式会社る・ひまわり

票券:株式会社インタースペース

制作:山口照代松村安奈 多田里奈 柴崎公毅 小島一浩 須賀杏子

アシスタントプロデューサー:西山由紀子

プロデュース:原田知明

        松田誠

        小見太佳子

特別協賛:大和ハウス工業株式会社

企画・製作:株式会社アミューズ株式会社ネルケプランニング

☆公式サイト:http://www.chikyu-gorgeous.jp/vol_12/

 

(公演スケジュールやチケットなどの情報は、公式サイトへ)

 

<東京公演>

2012年3月8日(木)~4月22日(日)

赤坂ACTシアター

 

<名古屋公演>

2012年4月27日(金)~4月29日(日)

中京大学文化市民会館 オーロラホール

 

<新潟公演>

2012年5月5日(土)~5月6日(日)

新潟テルサ

 

<福岡公演>

2012年5月12日(土)~5月14日(月)

福岡サンパレス

 

<大阪公演>

2012年5月20日(日)~5月31日(木)

オリックス劇場

 

 

(取材: 野地 理絵)

 

 

チケットぴあ
Asiaent_Lifeをフォローしましょう

<人気記事>